野田首相が原発の再稼動について理解を求めているようです。
最近はあまり日本のニュースを見ていないので、あまり突っ込んだコメントはできませんが、首相の言い分には率直に違和感を覚えました。

震災で被害を受けた福島原発の問題は未解決で現在進行形です。
この問題を解決しない限り、『原発を再稼動するか否か』という議論はできないというのが一般論ではないでしょうか。
福島原発の問題が完全に解決した上での議論ならわかりますが、今はまだ時期尚早です。

問題が未解決の今、可能な議論は『原発を除いた電力で如何に国民生活と経済を維持するか』ということだと思います。
つまり、首相が本当にするべきことは、原発抜きで生活と経済を維持するために考えられる最良の方法を提案し、おそらく以前よりも不便を伴うであろうその方法に対して国民に理解を求めることです。

まあ当然のことながら、大人の汚い事情が絡んで今の状況が生まれているのでしょうが、それならそれでもっと上手く国民を誘導すればいいのにと思いました。