記事のタイトルは『カナダ』としましたが、私が滞在しているのはバンクーバーなので実際はバンクーバーに関する情報です。
トロントなどでは事情が異なるかもしれないので悪しからず。

さて、本題です。
私がカナダで使っているCIBCという銀行の使い勝手と、銀行口座の用途について書きたいと思います。

日本で言う、みずほ銀行・三井住友・三菱UFJと同じように、カナダにも主要なメガバンクがいくつかあります。
その一つがCIBCです。

私がCIBCを使っている理由は、単に留学代理店がそこを勧めていて、口座開設のアポイントまで取ってくれたからで、それ以上でもそれ以下でもありません。
TD Canada Trustには日本語窓口がありますし、RBC Royal Bankは他の銀行に比べて手数料が安いという話を聞いたことがありますので、CIBCが一番優れているというわけではないと思います。
自分の気に入った銀行を選べば良いと思います。

CIBCを実際に利用している感想としては、ATMや窓口が他の銀行と比較して多いです。
各セブンイレブンにATMが設置されていますし、ダウンタウン内の数箇所に有人窓口があります。
日本に住んでいたときはオンラインバンクで大抵のことを済ませていたので、銀行窓口に行くことなど年に数回しかありませんでしたが、こちらではオンラインバンクで済ませるのが不安なこともあるので窓口に行くことが毎月一回ぐらいはあります(オンラインバンクのセキュリティ的な不安ではなく、サイトが英語なので100%理解できないため)。
そのため、窓口が多いというのは結構重要です。

次に口座の種類ですが、私が持っているのはチェッキング口座のみで、セービング口座は持っていません。
カナダに移住しない限り、セービング口座を持つ必要性は無いと思います。
チェッキング口座は日本で言う普通預金と当座預金を合わせたようなものです。
日常的に使う口座で、日本と違い利子は付きません。

このチェッキング口座がどのような用途で使えるかというと、私は主に以下ように使っています。

  1. オンラインバンクでハイドロ(光熱費)の支払
  2. オンラインバンクでインターネット接続料の支払
  3. チェック(小切手)で受け取った給与の預入
  4. 家賃の支払(毎月引き落とし)
  5. デビットカードの利用

主な用途は以上です。

ワーホリで滞在して仕事をしたりすれば、給与の受け取りは大抵チェック(小切手)ですし、デビットカードは持っていると非常に便利です。
半年以上の長期滞在でしたら、どこかの銀行で早めに口座を開設しておく方が良いと思います。

余談ですが、デビットカードはキャッシュカードと一緒になっているケースがほとんどです。
口座を開設したときにキャッシュカードを受け取りますが、それがそのままデビットカードとして使えます(私は最近までそれに気付きませんでした)。