冒頭に申し上げますと、私は英語が話せません。

英語がこれからビジネスマンにとって必須になることは間違いないと思います。
私も早い段階で習得する必要があると思っています。

ただ、最近よく見かける日本人留学生のように、「何となくまずは英語を覚えておきたい」という理由だけで英語を覚えるのはあまり身にならないと思っています。

英語は言語であって、多くの日本人にとってはビジネスにおけるツールの一つとして必要になります。
例えば、
・海外の方が進んでいる分野なので、海外で技術や知識を学びたい
・海外で通用する技術や知識を持っているので、海外に活動範囲を拡げたい
・翻訳や通訳の仕事がしたい
上記のような目的があれば、迷わず英語を習得するべきだと思います。

漫画「スラムダンク」で、安西先生が流川楓にまずは日本一の高校生になることを勧めたように、英語を習得していても技術や知識がなければ通用しませんし、技術や知識があっても言葉がわからなければビジネスはできません。

何が言いたいかというと、私自身を含めて、これからグローバルに戦う世代は「技術・知識+英語」というキャリアを形成できるように人生設計をしなければいけないということです。

英語だけでもNG、技術と知識だけでもNGということですね。
少し前に「フラット化する世界」という書籍がヒットしましたが、その中にも書かれているとおり、競争社会は日々フラットになっていき、世界の優秀な人材が同じフィールドに入ってきます。
ゆとっている暇はありません。

余談ですが、こちらのWillyさんのブログに日本の英語教育の盲点が分かりやすく解説されています。
大変感銘を受けました。参考になりますので、お時間の許す方はぜひご覧ください。

日本が英語力向上に関して取り組むべきこと