カナダの食文化と言えば?あなたは何を思い浮かべますか?

サーモン?メープルシロップ?どちらも正解と言えば正解な気がしますし、不正解と言えば不正解です。
と言うのも、カナダにはおよそ食文化と言えるものがありません。

サーモンは確かに美味しいですし、メープルシロップも美味しいですが、カナディアンがそれらを頻繁に食しているかと聞かれれば“NO”です。
私はカナディアンの家に一ヶ月滞在していますが、上記の二つを目にしたことは一度もありませんでした。
もちろん家庭によって違うのでしょうが、基本的にはパスタやトーストが出ることが多く、米もたまに出ます。
移民が多いせいなのか、これがカナダ料理だと思えるものがないのです。

他の生徒がカナディアンの先生にカナダ料理は何か?という質問をしたとき、先生はハンバーガーやフレンチフライだろうというような回答をしていました。
確かにマックやA&Wなどのハンバーガーショップは多いので、それが食文化と言えるのかもしれません。
ただし、アメリカのように肥満体系の人は少なく、みんなスリムです。
以前サンフランシスコのマックに行ったときは、店員も客も店内にいる人のほとんどが肥満体系で驚きましたが、そういったことはありません。

食文化がない(希薄)な分、ダウンタウンには各国のレストランが揃っていますし、アジア系のスーパーマーケットもたくさんあるのは便利です。
味噌汁などの日本食も普通に手に入るので、食について心配することはあまりないと思います。
そういった部分も馴染みやすい土地と感じる所以なのでしょう。