当然ながら友達ができるとメールをするようになるわけだけれども、カナダでは友達同士の連絡方法としてEメールよりもテキストメッセージが一般的なようです。

テキストメッセージというのは相手の電話番号に対してメッセージを送る仕組みのことで、あまり使われていないが日本でも普通に利用されています。
文字数に制限があり、160文字程度のテキストしか送ることができませんが、Eメールと違って相手に届いたかどうかがその場でわかります。

私はテキストメッセージというのが何のことだかわかわず、メッセージを送ってと言われた相手にEメールを送っていましたが、次からテキストメッセージにしてくれと言われました。
ちなみに、日本ではテキストメッセージが主流ではないので、携帯もEメールが使いやすいようにカスタマイズされていますが、カナダの携帯はEメールよりもテキストメッセージが使いやすいようにカスタマイズされています。

メールの話題に付随して、絵文字表現についても少し触れておこうと思います。
(・∀・)や(´∀`)のような絵文字表現はもちろん日本独自のもので、海外では使われていません。

笑い → 「:)」
泣き → 「;)」
怒り → 「:(」

というようなのが海外での絵文字表現になるようです。
顔を横に倒したような書き方になります。「:」が目になっていて、「)」が口です。
他にも色々と表現があるようですが、今のところ私が見たことあるのはこのくらいになります。

また何か新しい発見があったら記事にしたいと思います。