転居ネタその2です。部屋の整理をしていたら過去に使っていた歴代ケータイが出てきたので捨てる前に並べて記念撮影してみました。
何気に1年1回ぐらいのペースで買い替えていましたし、ドコモ・au・SBの3キャリアを転々としていたので当時の最新機種がズラりと言った感じです。

auのtalby(左)、ドコモのN702id(中央上)、SBのX03HT(中央下)、ドコモのHT03A(右)。
これ以外に初号機としてauのA5304T、ドコモのN703iμなどを使っていましたが友達にあげてしまいました。

高校2年のときに買ったauのtalby。
デザイナーのマーク・ニューソンという方がデザインしたケータイです。
縦長でポケットの収まりが悪そうに見えますが、薄いので意外とスッポリ入ります。
デザイナーズ携帯の先駆け的な機種だった気がします。

高校3年の卒業前に買ったドコモのN702id。
iチャネルのサービス開始と同時に発売された機種だったと思います。
外側の液晶画面にiチャネルの情報が電光掲示板のように流れるのが超カッコ良くて購入しました。

社会人2年目ぐらいのときに買ったSBのX03HT。
スマートフォンの先駆け的な機種です。
この頃は「スマートフォン?何それ?」というような時代で、iPhoneもAndroidもありませんでした。
当時仕事のスケジュールをOutlookで管理していて、ケータイと同期できないか色々研究した末にX03HTを買いました。なかなか思ったように同期できず悩んだ記憶があります。もちろんクラウドも普及していないのでUSBによるローカル接続で何とか同期していました。
小銭を詰め込んだサイフぐらい重い上に、厚めの文庫本ぐらいの厚さがあって携帯性は最悪でした。フリーズや強制終了も日常的で、アラームが鳴らず寝坊なんてこともありました。にその代わりQWARTYキーボードの打ちやすさは最高で、未だにX03HTよりも使いやすいQWARTYには出会っていません。

2年前ぐらいに買ったドコモのHT03Aです。
こいつはAndroidケータイのプロトタイプみたいな機種でした。
USBのローカル接続でPCと携帯のスケジュールを同期していた私にとって、Googleカレンダーとクラウドで同期してくれるAndroidの登場は人類初の月面着陸と同じぐらいの感動がありました。プロトタイプとしては良くできた端末だったと思います。デザインも気に入っていました。

さて、長々と思い出話を書き綴りましたが、9年間で累計7機種3キャリアを渡り歩いたのは我ながら見上げた浪費家魂だと思います。ちなみに現在使っているのは1年前に買ったGalaxySです。そろそろまた新しい機種に変えたいなーと思いつつ、12月から海外行きということを思い出して踏み止まる今日この頃です。