UQが提供している高速回線WiMAXを使い始めて4週間ぐらいになるので感想を少しまとめておきます。

結論から言うと、メイン回線としては十分使えると思います。
速度はイマイチですが、まあこんなもんでしょう。
深夜・早朝であれば6Mbps前後、回線が混雑する時間帯であれば500Kbpsぐらいです。
私は光回線(実測60Mbpsぐらい出ていた)からWiMAX一本に切り替えましたが、今のところそれほど不便さは感じていません。混雑する時間帯を避ければ動画も見れますし、遅くなることはあっても繋がらなくなることはありません。
先日の台風の前後に障害で繋がらなくなったことを除けば概ね満足できると思います。

WiMAXは用途によって接続方法がいくつかありますが、私が接続に使っているのはNECのAtermWM3500Rというモバイルルーターなのです。これがなかなか使い勝手が良く気に入っています。
スマートフォンぐらいの大きさなので持ち歩きも楽ですし、家で使うときはクレードル(充電スタンド)に差しておけばOKです。クレードルにはLANケーブルが差せるようになっているので、無線LANを内臓していない自宅のメインデスクトップPCにも有線で接続しています。外でノートPCを使いたいときはクレードルから抜いて持ち出し、帰ってきたらクレードルに戻すという感じに使っています。
今までは自宅の固定回線と、外出用のイーモバイルを契約していたので、WiMAX一本でOKにすることでかなり経済的になりました。

とまあ、ここまでは褒め言葉を並べてきましたが、もちろん悪いところもあるわけで、一番の問題点は繋がらない場所が結構多いことです。都内でも繋がらない場所が多々あります。契約したのはいいけど、いざ使ってみたら自宅では繋がらなかったなんてこともあるかもしれません。
そうならないために、WiMAXを検討中の方は必ずこちらのサイトで自宅周辺の接続状況を調べておきましょう。
WiMAX実測スピードマップ
このサイトではWiMAXを実際に使っているユーザーが、どこの地点でどれくらいの速度が出たのか記録を残しています。UQが公開している提供エリアマップよりも情報が細かくて信頼できると思います。

都内でも以外と繋がらない場所が多いこと、時間帯によって速度が大幅に落ちること、これらはもっと改善して欲しい点です。しかし、冒頭に述べたようにメイン回線として選択肢の一つに入れても良いレベルだと思います。
今ならどこのプロバイダーでもキャンペーンをやっているので、うまくいけばお得に契約できるかもしれません。気になっている方はぜひ検討してみてください。

→2013.02.09
WiMAXを一年間使った感想を追記しました。よろしけばそちらもご参照ください。
WiMAXはメイン回線として使えるか?1年間使ってみた感想