英語習得を目的にして海外留学を考えたとき、まず始めに選択しなければいけないのはビザの種類だと思います。
選択肢は大きく分けて二つ。

・現地では勉強だけで仕事はしない場合⇒留学ビザ
・現地では勉強+仕事をしたい場合⇒ワーホリビザ

それぞれのビザの特徴を簡単にまとめると次のとおりです。

<留学ビザ>
・現地で学校に通うことが前提のビザ
・年齢制限がない
・基本的に現地で仕事をすることはできない

<ワーホリビザ>
・現地で短期の仕事をすることが前提のビザ
・学校に通うこともできる(期間制限あり)
・年齢制限がある(30歳まで)
・滞在期間は原則として一年間
・このビザを取得できる国は限られている
・ひとつの国に対して一人一度しか取得できない

私は最低一年間は海外滞在したいと考えていますが、一年間滞在できるだけの資金がないため、現地で仕事をすること前提にワーホリビザを選択しました。
しかし、仮に資金があってもワーホリビザを選択したかもしれません。やはり現地で仕事の経験ができるというのは大きいと思いますので。

逆に、現地で仕事をする予定がない人は留学ビザを取得した方が良いと思います。
ワーホリビザは自由度が高い代わりに一度しか取得できませんので、滞在期間を勉強だけで使い切ってしまうのは残念だからです。

仕事をしたいならワーホリビザ、勉強だけなら留学ビザということですね。

ちなみに、ビジネスレベルで英語を使えるようになりたい場合は、語学学校に通うことは必須なようです。
ワーホリビザで仕事をしながら、現地でビジネス英語を覚えるのは、ほぼ不可能と考えておいた方が良いと思います。
日常会話レベルの英語力がなければ仕事すら見つかりませんし、ビジネスレベルの英語を身に付くような職場に見つかる可能性はゼロに等しいと思います。
日本人が義務教育で敬語を教わるように、英語もしっかり教わらないと仕事で使えるレベルにはならないということですね。