昨日は日比谷公園大盆踊り大会に行ってきました。
日比谷公園の盆踊りは毎年恒例で二日間行われます。今年は豪雨のため一日目が中止になり、二日目だけの開催です。
二日目も夜から雨の予報が出ていたため心配でしたが、何とか持ちこたえて開催されました。

当日は浴衣を着て車で会場に向かいました。
会場には18時前に到着。日比谷公園の地下駐車場は混んでいると思い、少し離れたコインパーキングに駐車しましたが、実際は地下駐車場も空きがありました。
盆踊りのスタートが18時からということもあり、その前であれば地下駐車場も空きがあるようです。
日比谷公園の近辺では、公園の地下駐車場が一番安いので早めに到着できるようであればここを利用するのがオススメです。

会場は18時過ぎてから一気に混み始めました。
それでも天候が微妙だったことを考えると例年よりは人が少なかったのではないかと思います。

この盆踊りの特徴は何と言っても屋台だと思います。
普通のお祭りとは違い、実店舗を構えるお店が屋台を出していますので、料理のレベルが高めです。
私は「山芋たこ焼き」と「沖縄そば」と「三色フランク」をいただきました。
三色フランクは、味が異なる三種類のウインナーが一本の串に刺さったものです。
その他にも広島焼き、唐揚げ、焼きそば、焼き鳥などを見掛けました。世界のビールやラムネを何種類も集めたお店などもありました。
ただしその半面、食べ物以外の屋台はありませんでした。
金魚すくい、ヨーヨー釣り、射的などを期待していると肩すかしをくらいます。
ちなみにチョコバナナや水飴といったような定番も見掛けませんでした。

メインの盆踊り会場では沢山の人が噴水をぐるっと囲んで盆踊りに興じていました。

会場自体はそれほど広くないので、食べ歩きメインだと一時間もあれば飽きてしまいます。
芝生にブルーシートを拡げて宴会をしている人も多く、カップルで行ったりするよりは大人数で行ってわいわいやる方が楽しそうでした。

↓会場の様子です。芝生に屋台が並んでいます。
日比谷公園大盆踊り大会の写真