20130223 Ochobo Inari 6

日本人にとって非常に馴染みが深いカレー。給食でも月に一回は必ずカレーの日がありますし、カレーの日はなぜか先生が「みんな!今日はカレーだよ!」みたいな発言をして、『子供はカレーが大好き!みんなも好きだよね!』的な雰囲気を出してきます。私は別段カレーが好きなわけではないので、『どうして大人は子供がカレーを好きだと決めつけるんだろう?一種の洗脳か?』と懐疑的に思っていた記憶があります。

まあ日本の教育現場の慣習はさておき、とある研究結果により「カレーを食べると頭の回転が早くなる」ということが証明されたそうです。インド人に優秀な人材が多いことは、インド人がカレーを良く食べることとある程度関係あるそうです。なんでもカレーのスパイスによって、脳が活性化されて、結果として頭の回転が良くなるのだとか。スパイスの香りによって脳が刺激を受けるのか味覚によって刺激を受けるのかは忘れました。おそらく両方でしょう。単純に辛いものを食べれば良いということなら、韓国料理や中華でも同じ結果が出ることになりますがどうでしょうか?

日本の学校で『子供はカレーが好きだ』と教わるのは、教育現場として意外と理に適っているのかもしれません。ということで、まだ給食でカレーを食べる機会があるみんな!普段はどうか知らないけど、カレーについて先生が言うことは意外と合ってるから大人しく従おう!大きいお友達はお昼休みにカレーを食べて、なんとなくパフォーマンスが上がった気分になろう!

photo by: BONGURI