「グランド・イリュージョン」ようやく観てきました!
前々から予告を見て気になっていたのですが、中々映画館に行く時間がなく、ようやく行くことができました。
Web上の口コミどおり結構見応えのある映画でした。

あらすじ

アトラス(ジェシー・アイゼンバーグ)ら4人のスーパー・イリュージョニスト・グループ“フォー・ホースメン”はラスベガスでショーを行いながら、遠く離れたパリの銀行から金を奪い、観客の度肝を抜く。この複雑に計画された不可解な犯罪に、当局が動き出す。FBI捜査官のディラン(マーク・ラファロ)とインターポールのアルマ(メラニー・ロラン)は、フォー・ホースメンがもっと大がかりな犯罪を行う前に阻止しようとするが、まったく尻尾を掴むことができない。捜査陣は、マジックの種を暴くことで有名なサディアス(モーガン・フリーマン)の協力を仰ぐが、フォー・ホースメンは誰よりも上をいっているのは明らかだった。彼らの最後のショーが終わるとき、フォー・ホースメンのトリックの秘密と彼らの目的が暴かれる……。

全体的テンポが良く、展開が早いので飽きずに最後まで観られます。ラストは本作中最大の謎が明かされつつも、全容は明らかにしないような終わり方です。続編に繋がるという感じでもなかったのでこれで完結なのでしょう。本当にテンポが良いので、飽きやすい人にもおすすめの作品です。劇場の臨場感が必要な作品でもあるので、自宅でDVDで観てもあまり面白くないかもしれません。気になる方はぜひお早めに劇場へ。