何か判断を迷ったとき、決断する材料として“直感”はとても重要だと思う。

直感は一見すると根拠が曖昧な感情のようにも見えるが、実はそれは間違っていて、直感には必ず明確な根拠がある。

例えばその根拠が『面倒くさい』というだけのこともあるだろうし、もっと違う理由なのかもしれない。
自分の良心が反対しているのかもしれないし、警戒心が働いているのかもしれない。
何にしても直感そのものというよりも、その根拠や理由をしっかり見つめることに意味があると思う。
直感とは、物事に対する自分の感情を最も純粋に表していると同時に、論理的な根拠を持つものなのだろう。

よく漫画やアニメの主人公が『俺は直感を大事にしている』というようなセリフを言うシーンがあるが、それはとも理に適っていることなのだと思う。

重要なのは直感の根拠や理由をしっかり自分の中で明確にして、その上で決断をすることだと思う。