Clock

最近読んでいる本「7つの習慣」という本に『時間管理マトリックス』というものが出てきます。
自分が抱えているタスクを緊急性と重要性の二つの視点から分類して、本当にするべきことは何か判断するためのツールです。

本の中にある図を引用すると、以下のようなものになります。

緊急 緊急でない
重要 第一の領域
・締切のある仕事
・クレーム処理
・せっぱつまった仕事
・病気や事故
・危機や災害
第二の領域
・人間関係づくり
・健康維持
・準備や計画
・リーダーシップ
・真のレクリエーション
・勉強や自己啓発
・品質の改善
・エンパワーメント
重要でない 第三の領域
・突然の来訪
・多くの電話
・多くの会議や報告書
・無意味な冠婚葬祭
・無意味な接待や付き合い
・雑事
第四の領域
・暇つぶし
・単なる遊び
・だらだら電話
・待ち時間
・多くのテレビ
・その他の意味のない活動

(7つの習慣 ─ スティーブン・R・コヴィー氏著)

上記の表を使って整理してみるとわかるのは、日々の生活の大半は左上もしくは左下の緊急性が高いものに占められており、本当に重要な右上の領域(重要であるが緊急でない)に目が向けられていないことが多いということです。
この本を読み進めるとわかりますが、成功するために必要なのは第三の領域をしっかり意識することです。

仕事は忙しいし全力で打ち込んでいるけど、何となく先が見えない。
という方は、ぜひ上記の表に自分の状況をあてはめてみてください。

ちなみに私の場合は、、

緊急 緊急でない
重要 第一の領域
・日々の会計帳簿入力
・上司から頼まれる至急の業務
第二の領域
・資格取得の勉強
・大学のレポート
・上場準備
・人間関係づくり
・定期的な運動
・日々の情報収集
重要でない 第三の領域
・Web広告などの営業電話
・突然来る飲み会の誘い
・同僚の誕生日祝いイベント
第四の領域
・アニメ鑑賞
・パズドラ
・同僚との愚痴の言い合い
・ベッドの上で過ごす休日

こんな感じでした。
改めて整理してみると、いかに無駄が多い生活をしているのか、思い知らされます。

photo by: Earls37a