我が家のテレビは地デジに対応しておりません。
そう、いわゆる地デジ難民です。

もともとあまりテレビは見ない人種だったので、これを機にしばらくテレビ無しの生活を送るのもいいかなーと思い、地デジ難民になりました。
今のところそれほど不便は感じていません。しかし、やはり無いと世間に疎くなってしまうため必要性は感じます。
少し待てば地デジ対応テレビもまた安くなるだろうし、そうしたら買おうと思います。

ちなみに地デジ対応テレビの値段を昨日調べたところ、画面の大きさとメーカーに拘らなければ1万5千円ぐらいでゲットできる品がありました。
今まで自宅で使っているテレビは近所のディスカウントショップで1万円で購入したものなので、それくらいになればいいなーと思っています。

さて、そんなこんなで今日はずっとインターネットでラジオを聞けるサイト「radiko.jp」を使ってラジオを聞きながら作業をしていたわけですが、ラジオっていいですね。
中学生のとき、深夜にテスト勉強をしながらラジオを聞いていましたが、そのときに感じていたラジオの魅力を思い出しました。

テレビよりも色々と規制が緩いのだと思いますが、少し突っ込んだ話も出てきます。
このマルチメディア時代にラジオというメディアが生き残っていることにはしっかり理由があるのだなーと思いました。

しばらくはラジオの魅力に浸りつつ、少しだけアナログな生活を送ろうと思います。