wimax20130428

UQのWiMAXって速度も早そうだし、外出先でも使える。フレッツ光とか契約しなくてもWiMAXだけ契約しておけば最強じゃね?そのあたり実際どうなのよ?
と思っている方は結構多いのではないでしょうか。

以前にWiMAXはメイン回線として使えるか?4週間使ってみた感想という記事を書いたのですが、最近になってもその記事への反響が結構あるので、続きを書こうを思います。この記事では、フレッツ光などのインターネット固定回線を使わず、WiMAXのみで快適なインターネットライフが送れるか?ということを検証していきます。念のためですが、私はUQの社員でも代理店でもありません。悪しからず。

1.通信速度は十分か?

まず一番気になるのはここです。一言で言って、通信速度は十分出ます。もちろん時間帯などによって影響受ける部分はありますが、そこそこなヘビーユーザーの私でも満足できるレベルです。動画サイトを見たりするのにはほとんど問題ありません。ただし、重たくて画質の良い動画をサクサク見たいという人やオンラインゲームを楽しみたいという人は、フレッツなどの固定回線を契約することをおすすめします。さすがにWiMAXではそこまでの速度は出ません。

2.通信エリアはどうか?

通信エリアについては正直ギリギリ及第点といったところです。マンションの高層階だったり、アンテナの近くにいたりすればバリ3でガンガン電波が入りますが、入りづらい場所も結構多いです。WiMAXをメイン回線として使うことを考えた場合に一番ネックになるのがこのポイントです。契約前に自宅がどのくらいの電波状況になるか確認しておきましょう。電波状況の確認はこちらからできます。ここで電波2未満の評価であれば、メイン回線としての使用は諦めた方がいいと思います。

3.回線の安定感はどうか?

残念ながら月に一回ぐらい、通信が不安定になることがあります。一時的に回線が込み合っていたりすると、どうしても繋がりづらくなるのでしょう。丸一日繋がらないというようなことはありませんが、固定回線に比べると少し不安定なのが現状です。

4.モバイルとしての使い勝手はどうか?

モバイルのとしての使い勝手は抜群です。多少エリアが狭かろうが、回線が不安定だろうが、モバイルで使えることをを合わせて考えればお釣がくるぐらいです。友人はWiMAX内臓のレッツノートを持っていますが、自宅にルーターを置く必要もありませんし、外に持ち歩くのも楽勝です。私はモバイルルーターを使用していますが、ノートPCやスマホと無線LANで繋げて便利です。自宅でも場所を取りませんし、配線も最小限。外出するときにもかさ張らなくて良いです。ちなみに最近では地下鉄の車内でも繋がったりします。

5.総評

総評としては「自宅の電波状況が良ければメイン回線として使える」という感じです。モバイルの枠を超えて自宅のメイン回線使うことは十分可能です。上記にもありますが、重たい動画を見たり、オンラインゲームをする人は大人しく固定回線を契約しましょう。余談ですが、個人的にWiMAXの長所としてもう一つ思うのは、引越しときに楽だということです。モバイルルーターを持っていくだけで引越し当日からインターネットが使えますし、面倒な転居手続きも不要です。回線の不安定さやエリアなどに不満は残るものの、一人暮らしやヘビーユーザーでない人にはWiMAX一本のインターネットライフがおすすめです。