先日、友達から「使ったことはないけど、今度パソコンを買うときはMac にしよう思ってる」という話を聞きました。
理由は単純に「おしゃれだから」とのこと。
私は彼がプログラミングを勉強中だと知っていたので、迷わずWindowsを薦めました。
(飲みの席だったので、うまく理由を説明できたかわかりませんが、、、)

正直なところMac に対する私の知識はかなり乏しいです。
それでも一応会社でシステム課を担当していて、Mac とWindowsの両方を使ったことのある人間として、両者の違いをまとめておきたいと思います。

Macintoshの良いところ
・デザインがおしゃれ
・ディスプレイがきれい
・フォントがきれい
・デザイン業界ではMac を使っている会社が多い

Windowsの良いところ
・安く手に入る
・圧倒的なシェア
・企業で使うパソコンはほぼWindows
・ソフトウェアが豊富
・周辺機器が豊富
・色々なデザインが選べる

少し前まではクリエイティブ関係に強いソフトがMac に集まっていたのですが、最近ではその差がなくなっています。
また、Windowsはかっこ悪いデザインのものが多かったのですが、ここ数年でおしゃれなデザインがかなり増えました。

私が詳しい方から聞いた話だと、アップル社は今後Mac にあまり力を注がない可能性が高いそうです。
iPodなどの家電が好調なので、そちらを重視していくのだとか。
確かにiPodやiPhoneのCMはよく見かけますが、Mac のCMは最近見ない気がします。

とは言え、Mac はブランドとしてまだまだ支持を得ています。
私もWebに携わる者としてMacBook一台ぐらいは持っておきたいのですが、値段が高くてなかなか手が出ません、、、デザインも好きですし、一台あればプライベートと仕事の両方で活用できるのですが、、、

さて、話を戻します。
Mac とWindowsは互換性を持っていますが、中身は別モノです。
お互いでファイルをやりとりすると、不都合な点が多々あります。

仕事でも使えるものが必要なのであれば、どちらを選ぶかは職種によって制限されるので注意してください。
DTP関係の仕事でない限りMac を使うメリットはほとんどありません。

逆にプライベートで使うだけなら、機能的な差はそんなにありません。
フィーリングで好きな方を選らんでいただければ良いと思います。

>2009.05.16 追記
冒頭に「プログラミングを勉強中だと知っていたので、迷わずWindowsを薦めました」とありますが、プログラミングの勉強に適しているOSは一般的にはUNIXだと思います。
コメントでご指摘をいただいたのですが、Mac はUNIXのひとつであるそうです。
そのためMac はプログラミングの勉強に適しているOSになると思います。
無知ゆえの発言をお許しください。

文中の友達の場合は、勉強している言語がphpであるためOSにこだわる必要はないと思いますが、Web用のphpを組むということと、本人がWindowsに慣れていることを前提に考えて、UNIXではなく普及率の高いWindowsが良いかと思います。

正直なところUNIXやMac については私もまだまだ勉強中の身です。
不適切な点がありましたらご指摘いただけると幸いです。