客先などに対して「とんでもございません」と言っているビジネスマンをよく見掛けます。
多くの方が特に意識せずに遣われているのだと思いますが、実は「とんでもございません」という言い回しは間違った日本語です。

“とんでもない”という言葉は、それだけで一つのまとまりになっています。
そのため”切ない”や”えげつない”と同じように、”とんでも”と”ない”を切り離すことはできないのです。

同じように「とんでもありません」も厳密には間違った日本ということになります。

“とんでもない”をビジネスシーンで正しく遣うとすれば、
「とんでもないです」
「とんでもないことでございます」
あたりになるのではないでしょうか。

慣習的な言葉として意味は通じますので、遣っていても誰かに指摘されることは少ないと思いますが、気付く人は気付いています。
日本人たるもの日本語は正しく使いたいものです。