ミネラルウォーターは大きく分けて2種類に分かれます。
硬水と軟水です。
高校生ぐらいのときは何となく軟水を買っていましたが、違いを知った最近では硬水を選ぶようになりました。
では、違いとはいったい何なのでしょうか?

一言で言えば、両者の違いは”硬度”です。

硬度は、水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの合計量を表した数値です。
これが高いと硬水、低いと軟水になります。
実際に飲みくらべてみると、硬水は何となく少し鉄っぽいような味がします。
飲みやすさで言えば軟水を選ぶ方が多いでしょう。

硬水はスポーツの後などに適しています。
カルシウムとマグネシウムを摂取できます。
逆に軟水は料理に向いています。
余計なものが入っていない分、食材に馴染むのでしょう。

水だけで飲むなら硬水がいいのですが、実際のところ最初は少し飲みづらいです。
前述のとおり、何となく鉄っぽい味がします。
そこで、自分的におすすめな銘柄をいくつか書いておきたいと思います。

まずはevian(エビアン)。
硬度は平均よりも若干高め。
十分飲みやすいです。
特に意識せずに飲めます。

次にVITTEL(ヴィッテル)。
硬度はevianよりも上がりますが、まだ飲みやすいです。
個人的には、味と硬度のバランスが一番とれていると思います。
よく買います。

最後にContrex(コントレックス)。
硬度は最高です。
これより硬度の高い水は知りません。
味も他の水とは明らかに違います。
慣れが必要ですが、そのぶん健康にいいと思います。

普段から口にするものなので、どうせなら自分がどんなものを飲んでいるのか少しは把握しておきたいところです。
あんまり変なものばかり飲んでいると早死にしそうですからねー。