少し前から手のひらサイズのモバイルパソコンが流行っていますね。
外出先でも簡単にネットを見れることからネットブックなんて呼ばれいます。

ネットブックの流行に合わせて “SSD” という言葉が有名になってきたので、今回はそれについて書きたいと思います。

SSDは、ハードディスクの代わりにパソコンに使われるようになった部品です。
USBメモリを持っている方はイメージしやすいのですが、USBメモリをパソコンの中に内臓したのがSSDです。

ハードディスクに比べて、データの読み取りが速い、衝撃に強い、消費電力が少ない等のメリットがあります。
ただし、ハードディスクよりも単価が高いので、現状ではあまり普及していません。

では、これがネットブックとどう関係しているのでしょうか?

前述のとおり、SSDには衝撃に強く、消費電力が少ないという特徴があります。
これは持ち運びの多いネットブックにとって、願ったり叶ったりの特徴です。

また、ネットブックは必要最低限の機能しか積まないのが主流なので、搭載するSSDも最低限のレベルになります。
これによって単価の高さをカバーすることができます。

そんなわけでSSDを搭載したネットブックが多数発売され、SSD自体も有名になりました。

価格なども含めた総合面では今のところハードディスクが有利ですが、今後はSSDを使った製品も叙々に増えてくると思います。
頭の隅にでも置いておいていただければ、どっかで話のネタくらいにはなると思いますよー。