ブックマーク(お気に入り)やアドレスバーに表示される小さいアイコンってありますよね?
あれを作ってみたいと思ったことはありませんか?

あれは「ファビコン(favicon)」と呼ばれるもので、Windowsで使われているアイコンファイル(.ico)を各Webサイトにアップしたものです。
もともとはIE独自の機能だったそうですが、今ではMacを含めて有名なブラウザはすべて対応しています。

ファビコンを作る方法はいくつかあり、有料の専用ツールなどもあるそうですが、先日ググっているときにすごく簡単な方法を見つけたので紹介致します。

↓ 利用するのはこちらのサイトです。
FavIcon from Pics

こちらのサイトの中央にある「Source Image」というところに画像をアップロードするだけで簡単にファビコンを作ることができます。

以下に具体的な手順をまとめておきます。

【ファビコンの作り方】

1.アイコンの元になる画像を32×32pixelで作る(GIFかJPG)。

2.FavIcon from Picsの中央にある「Source Image」というところに作った画像を指定して、「Generate FavIcon.ico」のボタンを押す。

3.ページが切り替わるので、切り替わったら中央の「Download FavIcon Package」をクリックしてファイルをDL。

4.ファイルをDLしたら、それを解凍。

5.解凍したファイルに入っている「favicon.ico」というファイルを、ファビコンを表示したいサイトのルートディレクトリにアップロード。

6.トップページのheadタグの間に
を挿入。

以上で作業は終わりです。

ファビコンを設定すると何となくサイトに愛着が湧きますし、ちょっとしたブランディングにもなるのでオススメです。
大規模なサイトでもファビコンを使っていないサイトをたまに見かけますが、他でやっていることを怠っているのはユーザーからの信頼度を下げると思いますので、商用サイトなら極力ファビコンは設置した方が良いと思います。